屋根修理

価格と選び方を知る

雨漏りの修理の価格は

一戸建てに住んでいると、住宅の老朽化によるトラブルがある場合があります。雨漏りもそのひとつで、雨が降ると雨がポタポタ落ちたり、天井に丸くシミができるような場合は、屋根から雨水が浸入していることが原因です。雨漏りは、屋根の瓦やスレートなどがずれている場合や、経年劣化によるコーティングや塗装の剥れ、またダメージなどがある場合などに隙間ができ、そこから雨水が浸入してくることで起こります。雨漏りの修理費用は屋根の状態や、修理箇所などによって大きく違いますが、雨漏りの状態がそれほどひどくなく、修理箇所が小さい場合は20万から30万ほどで雨漏り修理ができます。屋根の材料や勾配、形状によって、修理費用に大きな差がでるようです。

修理業者の選びかたとは

ほとんどの雨漏り修理は、漆喰が剥れていたり、スレートや瓦のズレや破損、コーティング剤の剥れなど、雨漏り箇所を修理するだけなので、かかる費用はそれほど高額ではありませんが、雨漏りを長い間放置していた場合、家内に水がしみこんでしまい、修理する費用が高くなります。屋根から雨水が浸入すると、建物の土台部分が腐食し、家の耐久性に問題が生じます。雨漏りに気がついたら、早期に対策をすることが大切です。修理業者を選ぶ際は、必ず見積もりをとりましょう。修理費用は安いほうがありがたいですが、あまりに低価格の業者の場合、見えないところが手抜きになる場合もあります。数社の業者に見積もりをとり、評判がよく、しっかり工事をしてくれる業者を選びましょう。