屋根修理

確認するべきポイント

雨漏りの原因と修理費用

仕事が終わった帰り道、我が家の明りが見えるとほっとしますよね。この大切な家も年々老朽化が進むといろいろ補修や修理が必要となってきます。特に雨漏りは、建物自体を劣化させる原因となり、劣化が進むと修理費用も更にかかる場合がある為、早めに修理する必要があります。雨漏りの原因は屋根だけではなく、瓦のずれ、板金、外壁、コーキングの劣化、サッシの歪みなどが考えられます。劣化した場所から雨が入り込み、内壁を伝って染み込んで雨漏りになります。また、雨どいの破損や金具の腐食でも雨漏りは起こります。修理業者に依頼すると瓦の交換1枚で1〜2万、屋根の吹き替えで100万以上、雨漏りの状態により外壁の張り替えなどが必要となる場合もあります。

修理と補修の違いを確認しよう

建物の老朽化は仕方のないことですが、雨漏りによる建物の劣化防止や、修理費用を増やさないようにするために点検するポイントを見ていきましょう。外からの点検として外壁にひび割れ、雨どいが破損したり落ち葉などのゴミが溜まったりしていないかを見ます。ベランダ床のひび割れ、天窓やトップライトも雨水が侵入し雨漏りの原因になるので注意が必要です。家の中の点検では壁紙のはがれやカビはないか、結露ではないのにサッシが濡れていないか、天井が濡れていないか、床が濡れていないかを確認します。点検して不具合が見つかった場合は、個人でできる対応には限界がある為、修理業者に相談してみましょう。この時に修理工事ではなく、補修工事にすると補修は一時的なものなので数年後にはまた工事が必要となる場合があります。この点を業者に確認し、適切な工事を依頼するようにしましょう。火災保険の風水害補償を利用し費用を抑える方法などもありますので、こちらも補償内容などを確認してみても良いかもしれません。普段からの点検と早めの修理で大切な家を守っていきたいものです。